徳山工業高等専門学校 土木建築工学科
 
Access No.234605

2011年4月1日リニューアル!
旧サイトのアクセス数
34318 HIT
 


CAHPロゴデザインについて

本HPの「土木建築工学科」ロゴデザインは、
藤江真生さん(CA33期生)による作品です。
CAの代表的な授業である測量実習の様子が、
実体験を交えてコミカルに表現されています。
第1回CAロゴデザインコンテスト最優秀作品です。

 

【重要】 卒業・修了後の建築士受験資格について

 平成20 年の建築士法の改正により、本学科の学生は入学年度ごとに受験資格取得状況が異なります。
 近年、制度改正を跨いで入学・卒業した卒業生の皆様から、建築士受験に際し、多くの
お問い合わせを頂いております。
 ご自身の建築士受験資格につきましては、以下のpdfファイルをご覧ください。

建築士受験をお考えの卒業生・現役生の皆さんへ.pdf

 

新着情報

絵文字:NEW 2016.05.24 ニュースレターC&A最新号(No.128)をアップしました! 
絵文字:NEW 2016.07.06 CA学科ポスター(H28 ver. in 永源山公園)の撮影動画を公開しました!
          学生のインタビューなど、秘蔵映像も満載です。
 

CA Blog

★CA教員によるCAの情報発信★
12345
2016/09/23new

CA2学生が広島に現場・建物見学に出掛けました

Tweet ThisSend to Facebook | by 中川
 以前の学科ブログ記事からずいぶん時間が経ってしまいました・・・。忙しさにかまけて中々ブログ記事の入力が出来なかったことを反省しております。 
 さて、9月16日(金)、一般社団法人日本建設業連合会中国支部さまのご協力を頂き、土木建築工学科2年生が府中地区揚水管その他新設工事(2次)現場を見学しました。
 事前に現場事務所で説明を伺った後、全員学科のヘルメットを着用し、4グループに分かれてシールド工法による鞘管敷設工事の実際を目にしました。測量技術を駆使しながらの地下工事の精度に驚いたり、安全に、そして、なるべく快適に作業を行うために様々な工夫がなされていることに感心したり、様々な事が学べた見学会でした。実際に高専を卒業されて、現在は監理技術者として、現場で頼もしくお仕事をされている方からの説明も聞くことが出来ました。
 広島市内で自由に昼食を取り、見学を行った後、午後からは、広島市現代美術館を訪ね、企画展見学と、バックヤードツアーを体験しました。スタッフの方にご案内頂きながら、普段、お客として入館する際には体験できない管理部門を拝見しました。設計に必要な配慮が多岐にわたることを実感できたのではないかと思います。
 今回の体験が、学生諸君の勉強の動機付けとなると同時に、将来の人生設計の一助になればと思います。
 また、この場を借りまして、今回の見学会にご尽力いただきましたご関係の皆様に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。
府中地区揚水管その他新設工事(2次) 発信基地防音ハウス前で記念撮影 防音ハウスの中でもグループごとに説明を伺いました。
ヘルメットをかぶって、シールド工法で掘られたトンネルの途中まで見学させていただきました。 現場所長の銭高組内田様の説明に聞き入る学生たち。最後のご挨拶直前!

17:55
12345

ポスター撮影動画